子供に関する手続き

gf1940072417l離婚の際に子供に関する手続きにはいろいろありますが、まず子の氏と戸籍の問題があります。親が離婚をしても、子の氏や戸籍には別の手続きが必要になってきます。まず、母親が離婚して氏を旧姓にもどして、子を引き取った場合、その時点では子は別れた父親の戸籍に入っており、氏もそのままです。その状態でも親権の権利には差し障りはありませんが、引き取った母親と同じ氏と戸籍にしたい場合は、まず家庭裁判所に「子の氏の変更許可の申し立て」を行います。子が15歳以上なら子自身が申し立てを行い、15歳未満なら親権者が代理で申し立てをします。申し立てには、子の戸籍謄本と親権者の戸籍謄本が必要になります。そして、申し立てが通れば、子の本籍がある市町村役場か親権者が住んでいる役所に入籍届を提出します。子の本籍地以外の役所に提出するときは、子の戸籍謄本が必要になってきますので前もって用意しておいたほうがよいです。家庭裁判所の許可がおりても、この入籍届の提出を忘れると子の氏は変更されないままになります。この入籍届を提出するとき添付するものに氏の変更許可の審判書謄本があります。これは、家庭裁判所で申し立てをしたときに受け取ります。このほかに子に関する手続きには、転校手続きや児童扶養手当受給手続きなどがあります。

Comments are closed.