子供の養育費の決まり方ってどうなの?

離婚をすることになり、どちらかの親がこどもを引き取ることになった場合、引き取る親が親権をとることになり、もう片方の親は子に対して養育費を支払うこととなります。
このお金は、こどもを育てるために必要な生活費のことで、双方の収入に応じて決められますが、たいていの場合は夫婦の話し合いでその額が決まります。たいてい一人あたり2万円から5万円が相場となっています。これは離婚をしても、こどもが生活に困らないようにできているもので、たとえば父親がとてもお金持ちで離婚前にお金に余裕のあるリッチな生活をしていた場合には、それなりの生活が維持できるように支払をします。しかし、たとえば貧乏であったとしても、親はこどもを育てる義務があるためしっかりと支払わなければなりません。
ところが、一緒に暮らしていないと、この支払がどうしても滞ってしまうことがあり、泣き寝入りをしなければならなくなる親子も多くいます。そのようなことを防ぐために、離婚をする前には公正証書をつくる方法があります。これは、法的に強制的に支払わせることができる権限をもつもので、支払が行われなくなった場合に、給与を差し押さえたり、財産を差し押さえたりすることができるものです。

Comments are closed.