年金・社会保険に関する手続きとは

離婚した後は、年金や社会保険の手続きが必要になってきます。
まず、夫を世帯主とする国保から社保に入る場合。
離婚後、すぐに就職した場合などが該当します。
夫が「健康保険資格喪失届」を市町村に出した後、就職先経由で社保に入る手続きを行います。
次に、サラリーマンの夫の扶養から外れて、社保に入る場合。
夫が会社経由で「健康保険被扶養者(異動)届」を年金事務所に出したら、同じく就職先経由で社保に入ります。
そして、夫を世帯主とする国保から、新しく国保に入る場合。
一つ目の例と同じく、夫が資格喪失届を出した後、市町村に対して国保の加入手続きを行います。
最後に、サラリーマンの夫の扶養から外れて、国保に入る場合。
離婚後、すぐには働かないなどのケースです。
この場合はやや手間がかかり、夫が被扶養者(異動)届を出す所までは二つ目の例と同じですが、その次に、夫の会社もしくは年金事務所から「資格喪失証明書」を発行してもらい、その後で市町村に国保の加入手続きを行うという流れになります。
また、多くの場合離婚に伴って年金の号数が変わるので、必ず市町村に届け出るようにしましょう。
ちなみに、国民年金の保険料は所得に応じた免除制度があるので、納めるのが難しい時は、免除の手続きを行うとよいでしょう。

Comments are closed.